• ホーム
  • テグレトールは通販で購入できる?

テグレトールは通販で購入できる?

2019年06月30日
話し合っている医者たち

てんかんや躁鬱病で病院へ行くのは、なにかとストレスになりがちで、放置して悪化させてしまう場合があります。
通院したり診察を受けたりする時間や費用も少なくありませんが、身の回りの人に知られるのが恥ずかしくて、なおさら億劫になってしまうこともあります。
よく効く薬が簡単に入手できれば便利ですが、抗てんかん薬のテグレトールは処方薬となっていて、原則として医師の処方箋がないと購入できません。

しかしテグレトールをはじめとする処方薬を処方箋なしで、通販で購入する方法があります。
それは個人輸入代行業者を使う方法です。普通の通販サイトで処方薬を売り買いすることは違法ですが、個人輸入という形であれば、まったく合法的に購入できます。
個人輸入とは、海外の医薬品を本人が使用する場合に限って、自己責任で購入してよいという制度です。
面倒な輸入手続きは業者がすべて代行してくれるので、利用者は欲しい薬の数量をサイトから注文するだけで済みます。

輸入品ということで品質や消費期限を気にする方がいるかもしれませんが、信頼できる個人輸入代行業者を利用すれば、正規品のテグレトールを速やかに発送してくれるので安心です。
まとめ買い割引などを使って、費用を節約することもできますし、なにより診察費や交通費がかかりません。
また個人輸入では、国内で販売されていない安価なジェネリックを入手できることもメリットです。

通販で購入できるテグレトールには、100mg錠や200mg錠などがあります。
てんかんの症状を抑える場合の服用方法は、はじめは1日あたり200mg~400mgを1~2回に分けて服用します。
症状に応じて少しずつ増量していきますが、1日あたりの最大服用量は1200mgとされているので注意してください。
躁鬱病を改善する場合も同様の服用方法となります。三叉神経痛の緩和には、最初の服用量は同じで、1日最大800mgまで増量できることになっています。

テグレトールの効果と副作用

テグレトールがもたらす効果として主となるのは、脳の内部で神経の過剰な興奮を抑制することにより、てんかんの症状を緩和する効果があります。
てんかんにも色々な症状がありますが、テグレトールは運動機能の一部が麻痺したり、感覚異常を来したりする部分発作に良く効くとされています。
反対に全般発作のうち、欠伸発作や脱力発作やミオクロニー発作には効果が期待できません。

興奮を抑える作用があることから、テグレトールは躁鬱病の躁状態を改善するためにも用いられます。
躁鬱病だけでなく、統合失調症などの精神疾患から発生する興奮状態を緩和し、気分を安定させるのに効果的です。
また顔面の神経の伝達を抑制し、三叉神経痛の痛みを和らげる働きがあります。

テグレトールで比較的よく見られる副作用として、めまいや眠気やふらつきなどが挙げられます。
特に飲みはじめの時期には、自動車の運転などに注意してください。
また発疹や粘膜のただれ、喉の痛みや口内炎などの症状は、重い皮膚障害の前兆となる可能性があります。
ほかにも肝障害や腎障害、アナフィラキシーショックなどの恐れが皆無とは言えません。
確率は非常に低いですが、気になることがあれば早めに医師の診察を受けましょう。

アルコールやグレープフルーツジュースを一緒に飲むと、副作用が強まる恐れがあるため注意してください。
セイヨウオトギリソウを成分とするサプリメントは、テグレトールの効果を弱める働きがあります。
ほかにも飲み合わせの悪い薬が多いので、他の病気を治療中の方は医師に相談したほうが良いでしょう。
またテグレトールは急に服薬を中断すると、症状が重くなる場合があります。決められた用法や用量を守って、定期的に服用することが大切です。